2010年 11月 30日

海老

いつもお世話になりありがとうございます。

表題の「海老」ですが、世間を騒がしている‘海老さま’ではありません。

安岡正篤 「一日一話」(到知出版社) 11月30日付 『海老』 より

『 海老は永遠の若さを象徴しているというので、めでたいものとされる。というのは、あれは生ける限り何時までも殻を脱ぎ、固まらない。ことに万物がぼつぼつ固くなる秋に、彼は殻を脱する。生ける限りよく殻を脱いで固まらぬ、いつまでも若さを失わない、よく変化していくという意味で、海老はめでたい。

自分の殻、学問の殻、仕事の殻、会社に入れば会社の殻、役所に入れば役人の殻から、なかなか脱せられぬものであります。これが抜けきらぬと、人間が固まってしまう。 』

私も固まらぬよう、様々な殻を脱いでいきたいと思います。

感謝。

 
Posted by takeuchi at 8:31 AM|インフォメーション

2010年 11月 29日

半世紀

いつもお世話になりありがとうございます。

先週末、送別会がありました。その方の勤務期間は何と50年以上!半世紀に渡り、丸金商会に勤めていただいたことになります。当然、私が生まれる前から勤めていましたので、昔話をしていただくのが楽しみでありました。その当時の方々が何を思い、どう働いていたのか。会社の歴史を知るには、先輩方の生の声を聞くのが一番だと思っております。

お客様や仕入先様に支えられてきたのは勿論ですが、丸金に勤めていただいた歴代の諸先輩方にも支えられ、創業以来60余年が経っているのであると改めて感じた次第です。これからもそういった思いを大切にしていきたいと思います。

感謝。

 
Posted by takeuchi at 9:42 AM|インフォメーション

2010年 11月 25日

冷静と情熱の間

いつもお世話になりありがとうございます。

新渡戸稲造著「一日一話」(PHP研究所) 11月25日付より

『明治二十三年の今日、初めて帝国議会が召集された。

ことの良し悪しや政治のこと、学問上の原理・理論はあくまで冷静に争うべきことだ。

名誉や利益にかかわる理論や、党派のみを考えた水かけ論や、権力争いのためのあげ足論などは聞かなくてもよいし、言わないほうがよい。』

ちょうど120年前と云うのも何かの因縁でしょうか?昨日、名古屋市議会の解散請求(リコール)で有効署名数が法定数を下回ったとの発表がありました。市長・市議会・選管それぞれに新渡戸先生の言葉を送りたいと思います。

表題の「冷静と情熱の間」、何年か前に映画のタイトルであった様に記憶しています。河村市長の様に情熱を持たなければ物事を劇的に変えることは難しいのはよくわかります。が、今回ばかりは冷静に行動してもよいのではないでしょうか?

すでに民意は明白なのですから・・・

感謝。

 
Posted by takeuchi at 9:01 AM|インフォメーション

2010年 11月 24日

整理とは?

いつもお世話になりありがとうございます。

現在、何かと入替え中です。パソコン、携帯電話、手帳、事務所の机といずれも新旧入替え・書替えを行っております。

この事に限らず、「過渡期」は何かと手間も時間も掛かってしまいますが、‘旧’を整理でき、‘新’に活かすには必要な時間だと思って一つづつやるしかないように思います。

ある方に整理整頓の『整理』とは『捨てる事だ』と言われたことがあります。確かにその通りで、私の場合、いつか読むであろう・使うであろうと思って残している物の8割はそのままです(笑)。 思い切って捨てなければなりませんね。

私だけではないと思います。皆さんも常日頃から整理整頓を心掛けてまいりましょう。

感謝。

 
Posted by takeuchi at 8:10 AM|インフォメーション

2010年 11月 22日

勤労感謝の日

いつもお世話になりありがとうございます。

明日11月23日は国民の祝日『勤労感謝の日』であります。

祝日法によれば「勤労をたっとび、生産を祝い、国民互いに感謝しあう」ことを趣旨としています。

特にリーマンショック後のこの2年間は多くの失業者が出たり、収入が減りました。それ迄は仕事があること、給料を貰うことは‘当たり前である’と云った感覚であった様に思います。‘当たり前ではない’と云うことに気付かせてくれたことに感謝しなければなりませんね。

そういったことも含め、働くこと(勤労)に感謝したいと思います。

感謝。

 
Posted by takeuchi at 12:58 PM|インフォメーション

2010年 11月 20日

祝名古屋グランパス優勝

いつもお世話になりありがとうございます。

Jリーグ名古屋グランパスが優勝しました。地元贔屓でにわかサッカーファンの私としても嬉しいニュースです。

中日ドラゴンズが日本一を逃してから、少々沈滞ムードでしたが(私だけ?)、これを機に少しでも明るくなって欲しいものです。

Jリーグ発足当初はテレビ中継も多かった様に記憶していますが、十数年を経た最近では代表戦以外はなかなか目にすることはできません。南米や欧州ほどではないですが、サッカーも立派な日本の文化であると思います。視聴率重視の現在はドラマ・お笑い・クイズ番組が多数を占めていますが、いつの日かまたスポーツ番組復活の時が来る時を待ちたいと思います。(現地での観戦がベストですが)

サッカーに限らず、文化を育てる・定着さすことはお金も時間も掛かり難しいですね。

感謝。

 
Posted by takeuchi at 8:39 PM|インフォメーション

2010年 11月 18日

民主主義と勝手主義

いつもお世話になりありがとうございます。

松下幸之助「一日一話」(PHP研究所編) 11月18日分 より

『民主主義というものは、自分がよければ人はどうでもいい、というような勝手なものでは決してないと思うのです。今日の日本の民主主義はわがまま勝手主義である。勝手主義を民主主義の如く解釈している人が随分あるのではないか、というような感じがします。

民主主義というものは、自分の権利も主張することは認められるが、それと同時に他人の権利なり、福祉なりというものも認めてゆかなければならない。そういうことをしなかったならば、法律によってぴしっとやられるというような非常に戒律の厳しいものだと思います。それがあってはじめて民主主義というものが保ち得るのだと思うのです。』

生前に記した(言った)ものですので随分と時は経っていますが、現在にも通ずるものですね。

世界にも、日本にも、そして自分に対する戒めのお言葉だと思います。

感謝。

 
Posted by takeuchi at 8:31 AM|インフォメーション

2010年 11月 16日

妻籠宿にて(2)

いつもお世話になりありがとうございます。

昨日に続き、妻籠宿でのこと。妻籠宿案内人なる方が色々と説明をしてくれました。

左側の写真:隣接した家屋の白い部分の防火壁を「うだち」と呼ぶそうで、お金のある裕福な家にしかないものでした。その「うだち」が「うだつ」に転じて、‘うだつがあがらない’となったそうです。

右の写真:軒下上方部(花の上)に「梁(はり)」が見えます。これも「梁が出っ張っている」から転じて、‘でしゃばる’となったそうです。

言葉には諸説ありますので、真相は確かではありませんが、案内人の人柄か、「なるほど!」と頷いてしまいました。

その他にも色々と発見のある有意義な散策となりました。

感謝。

 
Posted by takeuchi at 8:25 AM|インフォメーション

2010年 11月 15日

妻籠宿にて

いつもお世話になりありがとうございます。

仕入先の会合があり、その付帯見学で妻籠宿へ行ってまいりました。大学時代に合宿で近くを何度か通ってはいましたが、実際に足を運んだのは今回が初めてでした。

写真の左側は妻籠を代表する風景ですが、私達の訪問2日前に樹の剪定をしてしまった様でいつもとは少し雰囲気が違うようです。右側は郵便資料館です。現在も妻籠郵便局として実際に営業しています。

妻籠の人たちは町並みを守る為に、家や土地を「売らない・貸さない・壊さない」ことを約束し、生活しながら後世に伝えていくそうです。大事なことだと感じました。

機会があれば、また近くの馬籠宿にも行ってみたいと思います。

感謝。

 
Posted by takeuchi at 8:05 AM|インフォメーション

2010年 11月 12日

残すところ・・・(2)

いつもお世話になりありがとうございます。

1ヶ月前も同じ題目でしたが、2010年も残すところ50日となりました。本当に時が経つのは早いものですね・・・。

よく「時は金なり」とは言われますが、ある方は「時は命なり」と仰います。時間は誰にでも平等にあります。何気なくボ~と過ごしても、目的に向かって一生懸命過ごしても限られた時間【寿命】があります。どうせなら、充実した時間としたいものですね。(たまにはボ~とする時間も必要ですが)

今年も残すところ50日。毎日を大切にし、充実した日々を過ごしたいものです。

感謝。

 
Posted by takeuchi at 7:45 AM|インフォメーション