2011年 3月 30日

脳の使い方

いつもお世話になりありがとうございます。

安岡正篤著 「一日一言」 (致知出版社) 3月30日付 『脳の使い方』 より

『人間の脳というものは、いくら使ってもくたびれないばかりでなく、難しいことに使えば使うほど機能が優れてくる。つまらないことに使っておると退化する。 (省略有) 』

何時も考えて行動することが大事ですが、この度の震災を受け、本当に大切にすべきことは何なのか、できる事は何なのか、今一度考えて行動していきたいと思います。難しくて答えは出ない事であっても、考える事自体が重要であるのではないでしょうか。

感謝。

 
Posted by takeuchi at 8:27 AM|インフォメーション

2011年 3月 28日

身を捨てる度胸

いつもお世話になりありがとうございます。

松下幸之助著 「一日一話」(PHP研究所) 3月28日付 『身を捨てる度胸』より

『人生というものには、いろいろな問題があり ます。しかし、それらのことも過ぎ去ってみると、あのときに迷わないでやってほんとうによかったな、というような場合が多いのです。そこが大事なところだ と思います。ある場合には迷うこともあるでしょう。しかし、しょせん迷ってもお互い自分の知恵裁量というものは、ほんとうは小さいものです。だから、「こ れはもう仕方がない。ここまできたのだからこれ以上進んで結果がうまくいかなくても、それは運命だ」と度胸を決めてしまう。そうした場合には、案外、困難 だと思っていたことがスムーズにいって、むしろ非常によい結果を生む、ということにもなるのではないかと思うのです。』

「人事を尽くして天命を待つ」「当たって砕けろ」と云うことでしょうか。‘度胸’があるか否かはわかりませんが、私もじっとしていて後悔するよりは、先ずは実行することを心掛けています。しかし、まだまだスピード感も無く、じっくり考えてからの行動ですので、色々と学び、経験を積んで、即断即決できるように精進してまいります。

感謝。

 
Posted by takeuchi at 9:10 AM|インフォメーション

2011年 3月 25日

特別な存在だからこそ

いつもお世話になりありがとうございます。

本来であれば、本日よりプロ野球開幕となる筈でしたが、2週間前の東北地方太平洋沖地震の影響を受け、開幕が延期されています。

世間では延期して当然だという風潮になっていますが、私は果たしてそれでよかったのか大いに疑問が残りますし、残念でなりません。好んで反論する訳ではないことをご理解頂きたいた上で読み進めていただければ幸いです。

そもそも、何故パリーグが主張する4月12日がOKで、セリーグの3月25日や29日ではNGなのか?2軍(開幕済)やオープン戦や高校野球がよくて、公式戦が駄目なのか?です。

節電面から見れば、3月末も4月中旬も同じですし、この先も一緒の筈です。加えてこれから電力の最大需要期に入る夏場の事は棚上げです。(選手も12月でもプレーすると発言しているそうですが、果たして暖房無しで可能でしょうか?) 当然、発表方法そのものやナイター自粛など節電面での改善の余地はあったと思いますが、ここまで一方的に延期ありきの風潮になったのは、マスコミの取り上げ方ではないかと考えます。某球団オーナーの横柄な発言と新井選手会長の実直なコメントを対象的に報道すれば世論は既に決まりです。

何より、選手会の総意だそうですが、日頃彼らを支えている試合のある時でしか収入がない会社や個人の存在を無視しているとしか言い様がないのが寂しいし問題であると思います。球場での売り子さん、食やグッズに携わる方々、球場周辺の商店街、警備やその他も含め1ゲームでどれだけの経済効果があること=死活問題であることまで考えた上での発言だったのか(報道だったのか)疑問です。この間、倒産や自己破産した場合は選手会が責任を持ちますか?過日も述べましたが、やはり経済活動は止めてはいけないのです。

昨日の協調性の話ではないですが、今回は選手会が自己の主張にとらわれ過ぎて周りへの配慮が欠けていたと思います。私も野球人の端くれです。野球は好きだし、新井選手とも同い歳でいつも応援しています。ただ、今回は支持できません。今まで支えてくれた人達を無視するかの様な主張では内部から野球離れがおきてしまうのではないかと危惧します。スタッフや協力会社は弱者ですから、言いたい事も言えないと思います。

逆に、そういった思いを汲んで、選手会の総意として球団側に「予定通りの開幕をしたいから、何としても調整してくれ」と言って欲しかった(マスコミにも)。職業野球だからとか、そういう次元ではなく、夢や希望を与えることのできるプロスポーツ選手として。彼らが球場で義援金を募れば私たち一般人が駅前で行うそれとは比較にならない程の多額の義援金が集まることも知って欲しい。彼らは色々な事に良くも悪くも影響する特別な存在だからこそ、良い影響を与えて欲しい。できない理由を探すのではなく、できることから始めるという前向きな姿勢を見せれば、その姿を見て、勇気や元気も出てくると思う。

今回の様なマイナスの風潮になってしまったことをとても残念に思います。日本人が長年育ててきた「ベースボール」ではない「野球」文化を今後も大事にして欲しい。

結論が出ないことを長々と綴ってしまいましたが、どうか一刻も早く被災地や日本が元気になることを切に願います。その為にもやはり健全な消費・経済活動を続けることは大事だと思います。

感謝。

 
Posted by takeuchi at 7:38 AM|インフォメーション

2011年 3月 24日

協調性を持つ

いつもお世話になりありがとうございます。

松下幸之助著 「一日一話」 (PHP研究所)3月24日付 『協調性を持つ』 より

『みなさんが、それぞれの会社の社員である以上は、多数の同僚と相談して仕事をしなければならないということになりますから、人の立場を重んじない、いわゆる協調性の少ない人は困ると思うのです。

自分はこう思うが、あの人はああ思うのだな、それも一つの考え方だろうな、というように人の言に耳を傾ける、というところに協調性が成り立つのです。もち ろん、自己というものを卑屈にして協調せよというのではありません。けれども自己にとらわれた主張は協調性を欠きます。この点は、どのような立場にいよう と考えなければならない、非常に大事な問題ではないかと思います。』

自己主張が強すぎても、全く無くてもいけませんね。バランスが難しい・・・

明日はこの内容を受けて、プロ野球開幕延期について述べたいと思います。

感謝。

 
Posted by takeuchi at 8:30 AM|インフォメーション

2011年 3月 23日

「経営理念・座右の銘」コーナー

いつもお世話になりありがとうございます。

年明けより続けて参りましたお客様「経営理念・座右の銘」コーナーですが、本日より弊社社員バージョンをスタートします。暫しの間、お付き合い頂ければ幸いです。

また引き続きまして、お客様の経営理念・座右の銘を募集しておりますので、ご賛同の程よろしくお願い申し上げます。

感謝。

 
Posted by takeuchi at 6:40 AM|インフォメーション

2011年 3月 18日

いつも通り

いつもお世話になりありがとうございます。

震災から一週間が経過しました。この間、なかなかブログを更新する気持ちになれませんでした。

今でも新たな報道を見聞きする度に、胸が張り裂けそうになります。しかし、今私達がすべき事とできる事が何なのか色々と考えました。結論は、私達のできることは、いつもの私達の仕事を、いつも通りに続けることだと思います(節電をしながら、と条件が付きますが)。

そして、いつも通りに消費・経済活動を続けることだと思います(節度をもって、買占めもNG)。何もかもが自粛モードになってしまうと、売上が下がり、やがては企業倒産を招きます。被災地とは別の地域でこうなってしまうと、悪循環です。被災地を復興に導くのは、税金や義援金が主となります。その出所は会社や個人ですので、やはり健全な消費・経済活動を続けることは大事だと思います。

僅かながらですが、義援金を出させて頂きました。できる限り街頭募金に参加したり、節電くらいしかできません。直接は関係の無いことかもしれませんが、巡りめぐって復興の一助となればと思います。今後も個人として会社としてできることをしてまいります。

感謝。

 
Posted by takeuchi at 7:40 AM|インフォメーション

2011年 3月 14日

震災を受けて

いつもお世話になりありがとうございます。

この度の震災において、被害者をお見舞いするとともに、犠牲者のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

この地域におきましては目立った被害もなく、通常通りの業務や生活をされている方が多いことと思われますが、被災地へ資材の優先供給や交通網の混乱などの為、当社の営業にも何らかの影響がありますことのご理解をお願い申し上げます。

被災地での行方不明者や孤立者の救出が逸早く行われることを切に願っております。

感謝。

 
Posted by takeuchi at 6:32 AM|インフォメーション

2011年 3月 11日

70日

いつもお世話になりありがとうございます。

本日は3月11日。今年に入り、70日目となりました。週にすると10週間になります。時間にして1680時間。分にして100800分、秒にして・・・と考えると気付かないうちに多くの時間が経過しています。時間の大切さを痛感します。

以前、感覚的に「もう」もしくは「まだ」と感じますか?と記したことがありますが、いずれにしろ時間は待ったなしで進んでいきます。1秒というとあまり説得力も無いですが、1分を大事にしてまいりたいですね。

感謝。

 
Posted by takeuchi at 9:07 AM|インフォメーション

2011年 3月 10日

「知」と「行」

いつもお世話になりありがとうございます。

安岡正篤 「一日一言」 (致知出版社) 3月10日付 『「知」と「行」』より

『「知は行の始めなり。行は知の成るなり」という王陽明の説明がある。「知」というものは行いの始めである。「行」というものは「知」の完成である。これが一つの大きな循環関係をなすものである。知から始まるとすれば、行は知の完成、そしてこれは行の始めが知だから、知というものは循環するわけです。本当に知れば知るほどそれは立派な行いになってくる。知が深くなれば行いがまた尊くなる。』

「知」も浅ければ、「行」もできていない私には胸が痛いお言葉です。いつの日か‘深く尊く’となれるように精進してまいります。

感謝。

 
Posted by takeuchi at 7:57 AM|インフォメーション

2011年 3月 9日

3月9日

いつもお世話になりありがとうございます。

今日は3月9日、‘サンキュー(Thank You)’の日だそうです。

私は、日頃から「ありがとう」「感謝」などの言葉をなるべく多く使う様にはしていますが、足りていませんし、そのことを意識している時点でまだまだです。

私淑する松下幸之助翁を始めとする先人先哲の多くも「感謝の心」が大事であると説いています。「幸せだから感謝できるのではなく、感謝するから幸せになれる」と鍵山秀三郎先生も仰っています。

お客様に感謝、仕入先に感謝、仲間に感謝、家族に感謝。今後も色々な方に感謝しながら生きていきたいと思います。

感謝。

 
Posted by takeuchi at 8:16 AM|インフォメーション