2011年 12月 27日

深謝

いつもお世話になりありがとうございます。

弊社は本日で仕事納めとなります。この一年間、特に大震災直後の資材供給不足に陥った際、お客様と仕入先様には様々なご理解とご協力を賜り、改めて皆様との絆の深さを確認させて頂き、感謝申し上げます。商売とは何なのか、数字だけではない何か大切なものを教えて頂きました。

また各方面で至らない点があり、様々なご迷惑をお掛けしたことをこの場を借りまして、お詫び申し上げます。来年は更に皆様のお役に立てるよう、精進を続けてまいります。

2012年も引き続き倍旧のお引き立てを賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。本当にありがとうございました。

深謝。

 
Posted by takeuchi at 8:55 AM|インフォメーション

2011年 12月 26日

「考」

いつもお世話になりありがとうございます。

(財)日本漢字能力検定協会が発表した 2011年 「今年の漢字」 は、『絆』でした。2位以下も 「災・震・波・助・復・協・支・命・力」 と続き、正にその年の世相を表す漢字であったと感じます。(因みに2010年は『暑』でした)

私個人としては『考』 という字が真っ先に思い浮かびました。東日本大震災により、命の大切さや儚さ、絆や相互扶助、防災など色々な事を考えましたし、原発の危険さやその恩恵に与らずに生活すること(節電、創電、蓄電)なども考える事となりました。

しかし、時間が経つに連れ、その意識も薄くなるばかりか、考えることを止めてしまう様になってしまった自分に気付き、猛省するばかりです。今後も、一過性ではなく継続性を持った支援ができるよう、何をすべきか、何ができるのかを考え続けてまいりたいと思います。

感謝。

 
Posted by takeuchi at 7:25 AM|インフォメーション

2011年 12月 21日

鈴鹿②

いつもお世話になりありがとうございます。

今まで近い様で遠かった鈴鹿サーキットへ初めて行ってまいりました。

実はあまり期待していなかったのですが (失礼)、意外にもホテルや遊園地スタッフの対応がとても親切丁寧。しかもマニュアル感が全く無く、心地よいものでした。私にはTDRやUSJの対応よりも好感が持てました。いい意味で期待外れでした。

遊園地の待ち時間も無く、子供達もとても楽しそうです (私も)! なんだか、強迫観念の様にTDRやUSJでなければならないと思っていましたが、そうでもなかった様です。また行ってみたい!と思いました。

近場で未踏の地が沢山ありますので、今回を機に足を運びたいと思います。(スケジュール調整が難しいのですが・・・)

感謝。

 
Posted by takeuchi at 7:47 AM|インフォメーション

2011年 12月 20日

鈴鹿①

いつもお世話になりありがとうございます。

少し前ですが、三重県の鈴鹿市へ行ってまいりました。その時、見て感じた事を今日と明日で綴らせて頂きます。

車で鈴鹿市街へ行ったのは初めてでしたが、市内を運転していると、頭では分かっていたつもりですが、ホンダ車の多い事・・・。信号待ちでは私を取り囲む車は全てホンダ車という場面もありました(驚)。豊田市のトヨタ車率、浜松市のスズキ車率と比べたことはありませんが、いい勝負なのではないでしょうか?

勝敗は別として、地場産業に協力的なのは、地域活性化の一助となり、とても良い事だと思います。鈴鹿サーキットもホンダ車で行くと、優遇され割引があります!(ホンダ車オーナーの方、機会があればどうぞ)

明日はその鈴鹿サーキットでの感想を記したいと思います。

感謝。

 
Posted by takeuchi at 7:35 AM|インフォメーション

2011年 12月 15日

「省」 プロ野球2011 ⑥

いつもお世話になりありがとうございます。

5回に渡り、言いたい放題 (愛情の裏返しですよ) マイナス面ばかり述べさせて頂きましたが 、最後は後味良く、プラスの面をご紹介して締めさせて頂きます。

シーズンの最初と最後に、心に残る素晴らしいスピーチがありました。

開幕前の楽天/嶋選手:「見せましょう、野球の底力を!見せましょう、東北の底力を!」

日本一になったソフトバンク/秋山監督:「大変な中でのスタートでしたが、我々は元気と勇気を与えられるように、12球団一丸となってやってきました。最後の戦いの日本シリーズでも、選手たちが力を出しきり、ファンの皆さんに力と勇気を与えられたと思います。」

やはり日本の文化とも言える 「プロ野球」 は良くも悪くも多くの人に大きな影響を与えると思います。被災された方々を始め、多くの人に夢や希望を与えられる存在であるからこそ、来シーズン以降も全力で感動するプレーを期待したいと思います。

感謝。

 
Posted by takeuchi at 8:01 AM|インフォメーション

2011年 12月 14日

「省」プロ野球2011 ⑤

いつもお世話になりありがとうございます。

本日は、今シーズンそのものではありませんが、ゴタゴタについて。

シーズン終盤に2件、GM(ゼネラルマネージャー)関連のニュースが流れました。1件目はジャイアンツの「清武の乱」。人事や編成などの権限を与えた筈の清武GMに対して、‘老害’ 渡辺オーナーの鶴の一声に耐えられなかったのでしょう。2件目、横浜DeNAベイスターズの 「幻の工藤監督就任」。上記とは正反対に新規参入した素人オーナーが全権を高田GMに与え、コーチ編成権を主張した工藤と対立。結果Yesmanの中畑氏が就任。良い悪いは別にして日本文化には合わないというか、時期尚早なのではないでしょうか。

もう一点は選手会、当時ヤクルトの古田捕手が選手会長時代から、米国並みの待遇を目指し、オーナー側と対立を続けてきました。今回は、WBCの待遇改善が無ければボイコットする方針を決定。今シーズン開幕前と同じですが、オーナー会議で後ろ向きな決議がされたからこそ、参加表明をして欲しかった。不平等だろうが、何だろうが先ず参加して、3連覇して堂々と発言すれば良いと思う。加えて被災者の為を思えば、尚更です・・・ 金銭面や待遇が理由なのは残念でなりませんね。

いずれにしても利己的な考えに囚われず、夢や希望を与えることのできる立場にある事を忘れないで欲しいものです。私たち一般庶民とは影響力が圧倒的に違うのですから・・・

感謝。

 
Posted by takeuchi at 7:56 AM|インフォメーション

2011年 12月 13日

「省」プロ野球2011 ④

いつもお世話になりありがとうございます。

「震災」 を通して、シーズン当初は全力プレーが目立ちました。しかし、時間の経過と共にその意識は薄れていたと思います。全力疾走を約束した選手が次第に手を抜くようになったのは残念であります。

シーズンを1カ月遅れで開始した影響は、日本シリーズ会場が空調の効く福岡と名古屋の両ドームで開催され、救われたものと想像します。仮に楽天が勝ち進み、仙台の屋外で開催ともなれば、選手本来の力が発揮できたかどうか疑問が残ります。

くどい様ですが、選手会が運営側に予定通り開催して欲しいと要望して欲しかったと今でも思っております。

感謝。

 
Posted by takeuchi at 8:13 AM|インフォメーション

2011年 12月 12日

「省」 プロ野球2011 ③

いつもお世話になりありがとうございます。

今週も続けさせて頂きます。(もう飽きましたか? 笑)

ストライクゾーンが広がった結果、低反発球の影響もあったとは思いますが、G小笠原やD和田など実績のある選手ほど成績を大きく落としました。ストライクとボールのコール順序だけでなく、ストライク ゾーンまでもが 「野球」 ではなく、「ベースボール」 と化してしまった様で残念でなりません。

「投高打低」 が結果にも表れました。投手では防御率1点台が6人 (前年1人)、あまり報道されませんが、2点台も20人 (前年6人)、打者では打率3割以上が9人 (前年27人)です。単純に比較できませんが、一年でこれ程投手力が上がるとは到底考えられません。

勿論、打者でも西武/中村、ソフトバンク/松田、日ハム/中田など昨年同等以上の結果を残した選手もいましたが、いずれもストライクゾーンはあまり関係の無い、豪快さが売りのタイプですので、影響は少なかったのだと想像します。

今後も、「ベースボール」ではない、緻密さや駆け引きを楽しめる日本の 「野球」 であり続けて欲しいと切に願います。(「柔道」 と 「JUDO」 の違いに似ていると思っております)

感謝。

 
Posted by takeuchi at 7:51 AM|インフォメーション

2011年 12月 9日

「省」 プロ野球2011 ②

いつもお世話になりありがとうございます。

昨日からの続きです。球界でも節電に対する意識の高まりは際立っておりました。

2008年より 「省タイム」 と称して時短を図ってまいりましたが、あくまでプレーの “間” を短縮する意味であったと思います。昨年迄はその取組も思う様に結果として表れておりませんでした。しかし、今シーズンはストライクゾーンを広くすること=アウトの可能性を高くする(プレーそのもの)で 「省タイム」 を実現したのではないでしょうか。

たまにしかTV視聴できませんでしたが、「迷ったらストライク」の様な気がしました。打者としてはたまりません。(反面、バッテリーとしてはとても楽ですよね)

時間による引き分けにも疑問符が付きます。時間ではなく、決まったイニングでないと公平ではない (ルール違反では?) と思います。

時間を省くのは良い事ですが、野球の魅力や醍醐味まで省いてはいけませんよね。

感謝。

 
Posted by takeuchi at 8:02 AM|インフォメーション

2011年 12月 8日

「省」 プロ野球2011 ①

いつもお世話になりありがとうございます。

1週間ぶりの更新となり、反省しております。

さて、12月に入って既に1週間が経ってしまいました。この一年を振り返るにあたり、プロ野球ファン&野球人の端くれとして、私の独断と偏見による 「2011年のプロ野球を省みる」 と称して総括したいと思います。(お付き合い頂ければ幸いです。「省」 という字を使用したのは、反省すべき点が多々あったという意味合いを含んでおります!)

開幕間近の3月11日、東日本大震災が起こり、開幕日を巡ってG渡邊オーナーと新井選手会長の発言を対照的に報道。マスコミの報道も世論も選手会の主張に靡き、開幕は何故か根拠も曖昧な4月12日となりました。予定通り行われた高校野球を見る限り、プロ野球も予定通り開幕すべきてあったと思っております。高校球児の様に一日も早く、希望や勇気を与えて欲しかった。経済活動を止めない為にも・・・

あの時は電力の視点でもナイターが 「悪」 とされていましたが、結局はデーゲームの方がピーク時と重なり不味かったですね。

明日はまた別の角度から省みたいと思います。

感謝。

 
Posted by takeuchi at 8:04 AM|インフォメーション