2011年 11月 9日

壁崩壊

いつもお世話になりありがとうございます。

22年前 (1989年)の今日、東西ドイツを分け隔ていたベルリンの壁が崩壊されました。統一直後はプラス面ばかりが目についたり、報道されていた訳ですが、時間の経過と共に (今現在もですが) マイナス面も目立つ様になってきたと伝え聞きます。

一昨日の内容の続きです。 (少々強引ですが) 今まさに日本でも 「壁」 を自らの手で崩そうとしているのではないでしょうか。目には見えない壁 (関税、規制や知的財産権など日本独自の法律等) を無くし、マイナス面を深く考えずに世界に打って出ようとしているのです。政治的にも財政的にも軟弱な今、敢えて進んでその壁をそうとしているのです。まるで草食動物が肉食動物に喰って掛かる様な気がしてまりません。

繰り返しになりますが、今回のTPP参加には反対ではなく、時期少々であると思います。(浅学ですが各国とのFTAを柱としたEPAでも充分に穴埋めはできるのではないのでしょうか?)  結論を先送りできるならば、そうすべきであると考えます。

敢えて大きなリスクを取る事 (プラス面よりもマイナス面が目立つ 且つ 取り返しのつかない事態) だけは避けて欲しいと切に願う次第です。

感謝。

 
Posted by takeuchi at 4:18 PM|インフォメーション